債務整理を行うなら利息制限法の引き直し計算をしましょう

| コメント(0) | トラックバック(0)
今ではかなり少なくなりましたが、かつて、大都市圏には、多くの貸金業者の支店が存在していました。そして、非常に多くの人たちがキャッシングサービスを利用していました。
しかし、貸金業者を利用するのであれば、契約内容、利率や返済期間などについて、いろいろとチェックしていかなければいけません。
例えば、貸金業法が改正される以前であれば、グレーゾーン金利というものですが、利息制限法の上限を超えていながら、書面の交付、利息支払いの任意性などの厳格な要件をクリアすると法的に有効な金利となるなどという複雑な利息のからくりがありました。
そして、現在ではグレーゾーン金利は撤廃され、利息制限法の上限を超えた利息の支払いは無効となったため、過去に払い過ぎとなった利息は、過払い金となり、返還請求の対象となることなりました。
テレビでコマーシャルをしているような大手の貸金業者でも全く同じ事です。取引期間が長期間であれば、かなりの金額が返還されることもあります。

借金が多くなりいわゆる多重債務の状態になった方、まして、返済がかなり難しくなったということがありましたら、 債務整理をしっかりと行っていくことがどうしても必要になります。
その債務整理というものですが、特に難しいものはありません。法律に基づいて、借金を整理していくのです。
司法書士さんや弁護士さんなどに依頼していくことで、債務の減額や返済月額の減少などの状況改善が可能になります。

その債務整理をする時に関わってくるのが上記の「過払い金」です。
多くの方に発生していた可能性がありますので、債務整理をする時には過払い金のチェックも忘れずに行うべきです。きちんと利息制限法にもとづいた再計算をして、債務総額を確定してから、整理の方針を決定すべきです。
一般的に司法書士さんや弁護士さんに依頼しますと、自己破産や個人再生の申し立てをする場合でも、債権調査の際に、全債権者から取引開始の時点からのすべての明細を取り寄せ、過払い金の調査をしてもらえます。そして、発生している過払い金は回収し、申し立て費用な滞納税の支払いなど、有用な使途に供されることになります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://atrueword.com/kabarai/mt-tb.cgi/22

コメントする

このブログ記事について

このページは、webmasterが2013年3月26日 11:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「債務整理や過払い請求で後悔しないために」です。

次のブログ記事は「過払い金返還請求・利息制限法とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja