債務整理や過払い金の請求を専門家に相談する

| コメント(0) | トラックバック(0)

年明けスタートから明るいニュースが多いですが、個人までその明るいニュースが波及するにはまだ時間がかかりそうです。
借金に困っている方も多くいらっしゃることでしょう。
いま債務でお困りなら司法書士に相談すると解決が早いです。 大阪の司法書士は親身になって相談に乗ってくれます。

いくつかある債務処理の方法のなかでも、任意整理というものは、自己破産と違ってデメリットが少ない債務整理の方法です。
法的に有効な債務の返済はしなければなりませんが、話し合いにより金利や返済月額を低くすることができます。
金利や返済月額が低くなることで債務が返済しやすくなるのです。
だいたい3年から5年で返済することになりますが。
トータルの返済額を少なくできることで余裕を持って返済することができます。
それに、任意整理手続きの際に利息制限法の引き直し計算を行うと、債務がなくなって過払い金が発生していることがあります。過払い金の返還を受けることができれば、さらに務の総額を減らすことができます。
過払い金の請求は、簡単に終わることもありますが、複雑な争点のあるようなケースであれば、裁判になることもあります。複雑な裁判の手続きも、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するとスムーズに進めることができます。
過払い金返還の争点に関しては、昨年、平成24年9月11日に無担保借り入れと不動産担保借り入れの一連計算を否定する最高裁判決がありました。このような難解な争点のあるケースでは、弁護士又は司法書士に依頼した方が、よい結果となる可能性が高まるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://atrueword.com/kabarai/mt-tb.cgi/17

コメントする

このブログ記事について

このページは、webmasterが2013年1月15日 17:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「債務整理を、司法書士に相談。」です。

次のブログ記事は「長年借り続けた方はまずは司法書士に過払い金請求の相談を」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja