返済できない借金の解決法

返済できない借金は

借金が返済できなくなってしまったら、早急に対策を考えなくてはなりません。 どうにか返済をしようと一人で頑張るほど借金がかさみ、どうにも返済できなくなってしまうものですので、自分で限界を見極めなくてはならないでしょう。 そこで、借金の問題を解決する対策としては、債務整理があります。 債務整理は法律家や裁判所を通して行う手続きなので、リスクが少なく、効率よく安全に借金問題を整理することができます。

借金の減額方法

債務整理では借金の減額が可能です。 任意整理、特定調停、個人再生のいずれかを選択して手続きを行います。 任意整理や特定調停では利息分の免除が可能で、個人再生では借金の5分の1もしくは100万円のいずれか多い方の金額まで減額することができます。 債権者を多く抱えており、債務額も多いため、大幅に借金減額をしたいというのなら個人再生がいいですが、債務額がそれほど多くなく比較的簡単に手続きをしたいのなら任意整理か特定調停がおすすめです。

全額免除することもできる

借金の返済が困難になっとき、基本的には借金の減額をしてもらって残債務を返済していくことをお勧めしていますが、収入がなくどうしても返済ができないという場合は、裁判所に申し立てをすることで借金を全額免除してもらうこともできます。 これを自己破産と言います。 自己破産は、資産を金銭に換えて債権者に分配することで債務を免除してもらう方法です。 自己破産なら現時点で抱えているすべての債務を免除してもらうことができるので、まっさらな状態で一から再スタートを切ることができるでしょう。

債務整理の利点とは

債務整理を行う利点は、法律で解決するため後々のトラブルがなく安全に借金を整理できるという点です。 どのような借金問題でも解決でき、いずれの債務整理を選択しても債務者にとって有利な解決をすることができるでしょう。 ただ、もちろんデメリットもゼロではなく、個人信用情報機関に異動情報が登録されることで、手続き後5~10年間は新たな借り入れができないというネックもありますが、それを差し引いてもメリットの方が勝る場合が多いでしょう。

借金でどうしようもなくなったら、まずは相談してみましょう

債務の問題で困って、どうしようもないときは、司法書士を頼ってみましょう。
一度相談してみることをおすすめします。
まずは、司法書士を探してみる方法ですが、メリットやデメリットをわかりやすく流れで、説明してくれているような司法書士がよいでしょう。
司法書士の事務所に相談しにくいというときは、まずは電話してみることをおすすめします。
電話で、相談内容を聞いてみることは良いことだと思います。

このブログ記事について

このページは、webmasterが2012年12月18日 09:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「債務整理は司法書士に依頼する」です。

次のブログ記事は「債務整理を、司法書士に相談。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja