難しいことが分からない私でも解決できた!

| コメント(0) | トラックバック(0)

返済できない借金がある方は

事情があって借金が返済できなくなる人は大勢います。 もちろん借りたものは返さなくてはならないというのは当然ですが、どんなに借金が莫大になったとしても、一生をかけて返済しなければいけないとすると、一度の失敗で人生を棒に振ることにもなりますので、非常に酷です。 そこで日本では、債務者救済のために、返済できなくなってしまった借金を解消する制度が用意されています。 自己破産や個人再生、任意整理、消滅時効の援用などの借金整理の方法を総称して、「債務整理」と言います。

債務者救済のための各種方法とは

債務整理とは、弁護士や司法書のような法律家もしくは裁判所を介して借金を整理する方法で、その手段は任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあります。 債務者の借金・収入・資産などを考慮して、4つの手段の中から最適な方法を選ぶことが可能です。 返済月額が下がれば返済することができそうなら任意整理、特定調停、個人再生のいずれか、どうしても返済ができそうもないという場合は自己破産をお勧めします。

自己破産の内容とは

自己破産とは、俗な言い方をすれば、財産を手放すことと引き換えに借金をチャラにする方法です。 具体的には、裁判所に破産・免責を申し立てがあると、裁判所が債務者の財産を金銭に換えて、その金銭を全ての債権者に均等に分配し、債務者の抱えているすべての借金を免除します。また、一口に財産と言っても、処分対象は住宅、土地、生命保険など20万円以上の価値がある資産に限られますので、生活用品、日用品、仕事道具等は残しておくことができます。

よって、一定の基準を超えた財産はすべて失いますが、借金は返済する必要がなくなります。ただし、税金や養育費のように、免責されない債権もあります。また、借入原因がギャンブルである場合や、本来配当すべき財産の隠匿があった場合、破産手続において裁判所がする調査に虚偽の説明をした場合などには、免責が認められない場合もあります。。

個人再生の内容とは

個人再生も、裁判所に申し立てをして、債務の免責を求める方法です。自己破産と違うのは、債務全額を免責してもらうわけではなく、一部は返済するという点です。また、自己破産の場合と異なり、免責不許可事由が法定されていません。したがって、借入原因がギャンブルである場合にも、免責を受けることができます。

もうひとつの特徴は、住宅ローンを別枠で返済することが許されるため、自宅を手放すこと無く手続きができるという点です。自己破産の手続きの場合には、債権者はすべて平等に扱う必要があり、一部の債権者のみに対して優先的に弁済することは偏頗弁済といい、免責不許可事由にもなります。しかし、個人再生の場合には、再生計画案に住宅資金特別条項を定めることで、住宅ローンのみ優先的に返済することが許されるのです。ただし、不動産に固定資産税の滞納処分による差し押さえが入っていたり、不動産担保融資の抵当権が設定されているようなケースでは、住宅資金特別条項を設定することが認められません。

メリットとデメリットについて

債務整理は法律上で解決するためトラブルなく借金を整理し、返済苦から解放してくれます。 ただ、債務整理をすると、JICCなどの信用情報機関に情報が登録されます。そして、5年~10年は新規借り入れ契約ができなくなるというデメリットはありますので、それを踏まえて検討しましょう。しかし、信用情報機関に登録されて借入ができなくなるということは、デメリットとばかりは言えません。浪費癖のある方の場合には、強制的に借入ができない状態にする方がいいということもあります。ギャンブル中毒の方も、借金ができるとなかなかギャンブルがやめられません。信用情報をブラック状態にすることで、借金を止め、ギャンブルをやめることができることもあるのです。

債務整理体験記

債務整理をしたい、とずっと思っていました。
CMやテレビでも債務整理に関する情報をよく耳にするようになり、初めて債務整理のことを知ったのです。
借金をしてからもう10年以上も経っていて、最近給料がカットされボーナスもなくなったので返済ができずに、毎日のように取り立ての電話がかかってきていました。正直怖かったです。
なので司法書士事務所に相談しようと思ったのですが、最近10年間、取引の書類などが一切なく、記憶もあいまいでした。
これでは債務整理をしてもらえないのではないか、とショックを受けました。
しかし取り立てに我慢できなくなり、とりあえず相談するだけしてみようと、司法書士事務所で相談料が無料のところを利用したのです。
結果、利用して良かったです。
書類が無くても大丈夫だといってくれて、全てを任せることができました。
データを全て調べ、確認してみると一番初めに借りた会社で過払い金がありました。
しかもその過払い金で残りの2社の借金も返済できたので、結果借金がなくなり本当に良かったです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://atrueword.com/kabarai/mt-tb.cgi/14

コメントする

このブログ記事について

このページは、webmasterが2012年11月20日 16:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「債務整理、過払い請求をしたいときは」です。

次のブログ記事は「債務整理は司法書士に依頼する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja