2012年10月アーカイブ

お金の悩みは辛いものです

知らず知らずに借金が膨れ上がっていませんか。 今現在の借金の合計金額がわからなくなってはいませんか。 何社から借りてるかも、わからなくなってはいませんか。 毎日厳しい取り立てにおびえて暮らしていませんか。 このような状態になったときには、勇気をもって債務整理を決断しましょう。なにわともあれ、専門家に相談です。

自分の状況を法律家に相談しましょう

債務整理と言っても様々な方法があります。 任意整理は、債権者との支払い条件変更の交渉を、代理人が行う方法を指します。裁判所が関与しない、簡易迅速な方法です。 個人版民事再生は、すべての借金や財産の状況、家計の状況などを裁判所に報告したうえで、再生計画案と返済計画表を認可してもらうことで、債務の大幅な免責を求めます。 任意整理のよりも個人再生の方が、基本的には支払い額が下がります。 そして自己破産は、個人再生同様、現在の債務や財産の状況、家計の状況や今までの経緯を裁判所に説明し、債務の免責を申し立てる方法です。裁判者が返済不可能と認めて、免責が認められない事由(免責不許可事由)がないと判断されれば、あなたの残された財産を債権者に配当することで、その債務がすべて免除されます。 どのような方法が適切なのかは、その方の置かれている状況によります。可処分所得がないケース、生活保護を受給している方の場合には、返済が必要な任意整理や個人再生は不可能ですから、自己破産の手続きが適しているということになります。しかし、残したい財産がある場合には、その財産を残すために、一部の債権者を除外することのできる任意整理がいいかもしれません。また、住宅ローンがあり、住宅に住み続けたい場合には、住宅資金特別条項を定めた個人再生の手続がよいでしょう。希望する方法による解決が必ずしも可能とは限りませんので、どのような方法を希望するのかはっきりと専門家に伝えて、相談するとよいでしょう。

すべては法律家が手続きします

どの様な形で債務整理するにしても、すべては法律家が手続きもサポートしてくれます。手続きの流れや、メリット・デメリットをきちんと説明してくれます。特に、経験の豊富な専門家であれば、依頼者がどのようなことを気にしがちであるかを経験上わかっているので、説明を聞くと安心できることでしょう。弁護士または認定司法書士からの受任通知が届けば、債権者は直接借主に対して取り立てをすることが禁止されます。弁護士は代理人として、司法書士は任意整理については代理人として、自己破産や個人再生の手続きの場合には書類作成の代理と手続き全般のサポート役として、債務整理の完了まで導いてくれます。

利息制限法に基づく引直計算と過払い金について

最近ではテレビなどでも「過払い金請求」などの相談を呼びかけるケースがあります。 債務整理の手続の選択のためには、債務総額を確定する必要がありますが、過払い金を差し引いた金額が返済するべき債務総額ということになりますので、手続きを依頼すると、第一に利息制限法に基づいて過去の取引の履歴から再計算し、過払い金の計算を行います。過払い金があれば返還請求を行います。そのうえで、さらに他の債務について必要があれば、自己破産や個人再生、任意整理などの手続きをすすめることになります。

生活が破たんする前に債務整理を

債務整理は法律に準じた、なんらうしろめたさを感じる必要のない借金の解決策です。 返済できない状況で、更に借入ができるカードを探して申し込みをしたり、ヤミ金やおまとめローンに手を出すと、完全に生活が破綻していってしまいます。 クレジットカードのショッピング枠の現金化などに手を出すと、のちの自己破産のときに免責が認められなくなる場合もあります。法律家への着手金や成功報酬も、分割できるケースもありますし、場合によっては過払い金で返済できる場合もあります。 生活の破綻で家族が離散などのケースも少なくありません。お金の悩みは本当に辛いものです。 借金やローンなどで頭を抱えている方は、「債務整理」を検討してみてはいかがでしょうか。


借金問題はとても深刻なものですが、借金の返済を難しくてしている原因のひとつに過払い金があげられます。
過払い金はその名前の通り払い過ぎた利息のことを差します。
今でこそ消費者金融も低金利で利用できるようになっていますが、かつてはかなりの高額な利息が取られており、そのためにいつまでも完済できなかったり、支払いのためにまた新たに借入れを行い多重債務に陥るということも珍しくありませんでした。
そして過払い金は取り返すことができるお金ですので、余計に払い過ぎたお金を取り戻すだけでもかなり借金の額が減ることがあります。
過払い金請求や債務整理は自分でも勉強すれば行うことができますが、個人で金融機関と交渉するのは難しいことも多いものです。
大阪で債務整理や過払い金も相談をするなら、司法書士といった法律の専門家に相談するのがおすすめです。
プロに依頼すると消費者金融からの取立てはストップしますし、よりスムーズな解決を期待できまし、より多くのお金が返ってくる可能性もあります。

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja