借金の消滅時効

時効には、取得時効と消滅時効があります。他人のものであっても、長期間所有の意思をもって平穏公然に占有した場合、占有者が所有権を取得できるというのが、「取得時効」の制度です。そして、「消滅時効」というのは、長期間権利を行使しないことによって、権利が消滅するという制度です。

債権者が、貸し付けたお金の返還を請求する権利を長期間行使しなければ、その返還請求権は時効により消滅します。これが、借金の消滅時効です。

消費者金融などは時効が消滅するまで請求もせずに放置することはないのではと思われるかもしれません。しかし、意外と時効が成立していることはあります。消費者金融業者の取り立ては、効率を重視しますので、優先順位が低い債権については、時効が成立していることは珍しくありません。

債務の消滅時効期間と起算点

消滅時効というのは、債権者が正当な権利を行使しないことにより、その権利が行使できなくなるという制度です。したがって、権利を行使できるようになってから進行していくというのが、時効期間の考え方の基本です。リボ払いのローンの場合、毎月の弁済期日を過ぎて、期限の利益を喪失したときから進行するということになります。期限が到来するまでは、債権者も請求ができないわけですから、時効期間は進行しません。

借金の消滅時効期間

消費者金融業者や信販会社のキャッシング・ショッピングのローンは、5年で時効にかかります。これは、商売で貸付を行っている債権を「商事債権」と呼びますが、商事債権については5年で時効となるということが、商法に規定されているからです(商法第522条)。ちなみに、商事債権でない一般の債権の消滅時効期間は、10年です(民法167条1項)。

消滅時効の援用とブラックリスト

消滅時効の援用をした場合、延滞が解消することとなり、信用情報の延滞情報が削除されます。ただし、削除される時期は信用情報機関により異なり、消費者金融が主に加盟している信用情報機関であるJICCは即時削除されるのですが、主に信販会社が加盟している信用情報機関であるCICは、援用から5年経過してから削除されます。

したがって、残念ながら時効援用しても、すぐにブラック状態でなくなるわけではありません。

このページの先頭へ

トップページイメージ画像